【フォトギャラリー】

皆さまに永らくご愛顧いただきましたクオカカフェは、3/2(日)をもちまして営業を終了いたしました。

クオカショップ高松全景

東側よりショップを望む。クオカショップは南北に長く、手前は田圃になっている。

夕景

建物は南北に長く、玄関は真東を向いている。まわりには街路灯もなく、とばりが落ちるとショップがシャンデリアのように輝きを増す。

中央部分アップ

アクセントになっているオレンジ色部分は室内側に暖炉が設置されている。

ショップ

ガラスが多いこの建物では、ガラスにグラフィックが施されている。料理に関する単語が上からイタリア語、フランス語、英語で表記されている。

ショップ

大きなガラス部分は真東に向いているので陽がさんさんと入り込む。もちろん紫外線カットで二重ガラスになっている。

ショップ

オリジナルの什器に2500点のお菓子材料や器具が並ぶ。

特徴的な吹き抜けの螺旋階段

2Fはミーティングルームとなっている。

カフェ側から螺旋階段越しにショップを望む。

ミーティングルーム

螺旋階段を上ったところにある。壁のライトはフランク・ロイド・ライトの作品。

ミーティングルーム

家具はもちろんイタリア・カルテル社。床はカリンの板張り。

ミーティングルーム

ウォークスルーから吹き抜けを望む。

カフェから

ショップへのビュー。
中央はエスプレッソカウンター。フェラーリレッド(Corsa Rosso)にペイントされたエスプレッソマシン。

カフェ奥よりイングル

ヌックのビュー。
家具はイタリア・カルテル社。左がクオカキッチン。

カフェ

暖炉前からカフェ奥を望む。トイレは画面真ん中の細い通路の奥。

イングルヌック

イングルヌックとは「暖かくて居心地がいい場所」という意味。ここでコーヒーを飲んでいると時間を忘れる。

カフェ

カウンターからのビュー。右にあるのはウォーターサーバー。正面の絵はアンディー・ウォーホール。左の食器はエミール・アンリ。

espresso machine

イタリア・フィレンツェのLa Marzocco(英語読みラマゾッコ)のエスプレッソマシン。世界バリスタ選手権公認マシンでもある。クオカのは1960年のフェラーリの赤に特別に塗り直してもらった。

キッチンスタジオ

ここで商品テストや開発が行われる。赤いシステムキッチンはトーヨーシステムキッチンのもの。

キッチンスタジオ

イタリアンレッドがまぶしい。画面のガスレンジと三日月型のレンジフードはイタリア製。

トイレ

クオカにはトイレが四つある。これは一番広いユニバーサルタイプ。車いす対応、子供のおむつ替えの収納式ベッドもある。

トイレ

一番狭い男子用トイレ。

トイレ

ふたつある女性用のうち右側のトイレ。子供用の便器が備えられている。


番外 New iMac登場

全館の音楽再生用に前からiMacを使っているがNew iMacが登場。インターネットラジオやCDを再生している。